コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こぎつね座 こぎつねざVulpecula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こぎつね座
こぎつねざ
Vulpecula

小狐座。概略位置は赤経 20時10分,赤緯 25°。9月の宵に南中する北天星座。輝星に乏しく,星座の形も不明確。亜鈴型星雲(M27)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こぎつね座
こぎつねざ / 小狐座

夏の宵、頭上に見える小星座。はくちょう座の十文字のすぐ南に接する。もっとも明るいのが4.3等の13番星で、あとはみなそれ以下と目だたない。ただ、夏の天の川の中にあるため、双眼鏡でのぞくと、たくさんの微光星が見える。17世紀のドイツの天文学者ヘベリウスが設定したもので、彼の星図には鵞鳥(がちょう)をくわえた小狐の姿が描かれており、「鵞鳥をもった小狐」の星座名がつけられている。星座の中ほどには有名な惑星状星雲M27「亜鈴星雲」があり、小型の望遠鏡でもよく見える。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

こぎつね座の関連キーワードあれい(亜鈴)星雲惑星状星雲亜鈴星雲小狐座藤井小狐

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こぎつね座の関連情報