こびる

大辞林 第三版の解説

こびる

( 動上一 ) [文] バ上二 こ・ぶ
〔中世・近世語〕
ふるびる。古くなる。 「 - ・びたる禅門/咄本・醒睡笑」
子供が変に大人びている。こましゃくれる。 「十歳から-・びて家の事を治めたが/蒙求抄 4
気が利いている。しゃれている。 「扨は-・びたる口上を覚へたると/咄本・露が咄」
才知にすぐれる。教養がある。 「亭坊、智徳なき故、-・びたる顔にしなしたがり/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ・びる

[動バ上一][文]こ・ぶ[バ上二]
古くなる。年を経る。古(ふる)びる。
「百年二百年にては花も―・びぬものぞ」〈中華若木詩抄・上〉
才知がすぐれる。
「少し―・びたる者にて、学力(がくりき)あれば」〈浮・永代蔵・五〉
大人びる。こましゃくれる。
「十歳から―・びて家の事を治めたが」〈蒙求抄・五〉
少し変わっている。しゃれている。
「是は―・びたる言葉や」〈咄・がはなし・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ・びる

〘自バ上一〙 こ・ぶ 〘自バ上二〙
① 古(ふる)びる。年を経る。また、古びて趣がある。特に茶道などでは、侘びに通じる精神性があることにいう。
※宗及茶湯日記(他会記)‐永祿一二年(1569)三月二三日「夜雨絵〈略〉絵おもひのほかにこひぬゑにて候、一段こひたるやうにてこひぬ絵なり」
② 教養を積む。学識や才知がある。知識や経験が豊富である。
※十訓抄(1252)一「史大夫朝親といふもの有けり〈略〉よのつねならず、才こびたる者也けり」
③ 大人びる。こましゃくれる。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)五「十歳からこびて家の事を治めたか成人した人のやうにあったそ」
④ 気がきいている。しゃれている。ひねった感じである。また、気どっている。もっともらしい様子である。
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)序「ミナヒト ワキマエン タメナレバ cobitaru(コビタル) コトバヲ ノゾキ セワニ ツヅリテ ヲク モノナリ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のこびるの言及

【間食】より

…正式の食事と食事の間にとる食事のこと。その時間や正式の食事との関係で,〈おやつ〉〈おちゃ〉〈こびる〉〈やしょく〉などと呼ぶ。古くから1日2度が正式の食制とされていたため,ふつうは朝食と夕食との間にとる食事をいった。…

※「こびる」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こびるの関連情報