こりゃまた

精選版 日本国語大辞典の解説

こりゃ‐また

[1] 〘感動〙 (「これはまた」の変化した語) 意外な物事や、人の思わない動作やことばに驚いたときに発する語。近世、多く、無頼の徒などが啖呵(たんか)を切るような時に「こりゃ又何のこった」などと用いた。
※歌舞伎・助六廓夜桜(1779)「わるくそばへやがると、大どぶへさらひ込むぞ、鼻の穴へ屋形船を蹴込むぞ、口を引裂くぞ、こりゃ又何のこったェ」
[2] 〘名〙 無頼。勇み。きおい。こりゃまた組。こりゃまた衆。
※談義本・当世下手談義(1752)三「友達附合も、こりゃ又(マタ)の手合と出合ぬやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android