コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごわる ゴワル

デジタル大辞泉の解説

ごわ・る

[動ラ四]《「ごある」の音変化。江戸時代、主として、田舎者や奴(やっこ)などの用いた語。通人も用いた》
「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。
「これ、待て。ちょっと逢ひたい。はあて、―・れと云ふに」〈浄・男作五雁金〉
「ある」の意の丁寧語。ございます。あります。
「ああ、爰(ここ)から程は―・らぬ」〈浄・金短冊〉
(補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…であります。…でございます。
「臼をひけさの彦惣とも、京童の謳(うた)ひしは、身どもがことで―・ります」〈浮・万金丹・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ごわるの関連キーワードごわります補助動詞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android