さあさあ(読み)サアサア

デジタル大辞泉の解説

[感]人の行動や返答などを促すときに発する声。「さあさあ、早くしないと置いていきますよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 水が流れたり、雨が降ったりする音、また、風で木の葉などがこすれあってたてる音を表わす語。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「不図(ふと)颯々(サアサア)と云ふ音が聞へる。松風か。眼を開くと川━月にさざめく川瀬の音だ」
〘感動〙
① 人を強く誘い促すときに発する語。
※虎明本狂言・抜殻(室町末‐近世初)「いや下されまい。さあさあのめ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「サアサアまゐりませう。と二人の芸者は園田と吉住を急がしつつ」
② 歌舞伎で、一方がことばにつまり、それを相手が責める形で、両者で交互に繰り返しいう語。→繰上(くりあげ)
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「『それでも不義でねへといふ証拠があるか』『サアそれは』『サアサアサア』『言分がなくば此所で』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android