コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さえに サエニ

デジタル大辞泉の解説

さえ‐に〔さへ‐〕

[連語]《副助詞「さへ」+助詞「に」》副助詞「さえ1」に同じ。
「咲きそめしやどしかはれば菊の花色―こそうつろひにけれ」〈古今・秋下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さえに

( 連語 )
〔副助詞「さへ」に助詞「に」の付いたもの〕
さらにつけ加わる意を表す。…までも。 「ことならばさかずやはあらぬさくら花みる我-しづ心なし/古今 春下」 「かぎりなきおもひのままに夜も来む夢路を-人はとがめじ/古今 恋三

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さえにの関連キーワード掛かる・懸かる・掛る・懸るエダフォサウルスロジェール2世打ち枝・打枝岩瀬仁紀北村透谷取り葺き副助詞屋根石唯さえ仮処分昔話裁人打枝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さえにの関連情報