コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さえ サエ

2件 の用語解説(さえの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さえ[副助]

[副助]《動詞「そ(添)う」(下二)の連用形「そえ」から生じたという》名詞、活用語の連体形または連用形、助詞など種々の語に付く。
すでにあるものの上に、さらに付け加える意を表す。…までも。「風が吹き出しただけでなく、雨さえ降りだした」
「霧も深く露けきに、簾(すだれ)―上げ給へれば、御袖もいたく濡れにけり」〈・夕顔〉
ある事柄を強調的に例示し、それによって、他の場合は当然であると類推させる意を表す。…だって。…すら。「かな文字さえ読めない」
「その大切な神仏(かみほとけ)さまがたで―金銀を御信心遊ばす」〈滑・浮世風呂・四〉
(仮定表現を伴い)その条件が満たされれば十分な結果が生じる意を表す。せめて…だけでも。「これさえあれば鬼に金棒だ」「覚悟ができてさえいれば、心配はない」→すらだにまで
「一の棚―領じておいたらば(=手ニ入レテオケバ)後には何を商売いたさうともそれがしがままぢゃ」〈虎明狂・鍋八撥〉
[補説]「さえ」は、古くは格助詞の上にも下にも付き、「さへも」「さへこそ」のように係助詞にも先行するところから副助詞とする。中古から「すら」の意を吸収した「だに」との混同が始まるが、23の用法は、中世末ごろ「だに」がほとんど用いられなくなってその意をも吸収したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さえ

( 副助 )
〔語源は「添え」という〕
体言およびそれに準ずる語、活用語の連用形、格助詞、接続助詞「て」など種々の語に付く。
極端な事柄を例として提示し、他の一般を推し量らせる意を表す。普通、打ち消しの表現を伴ったり、「…さえ…だから」の形でその結果に結びつけたりすることが多い。 「大学者で-解けない問題だから、一般の人にわかるはずがない」 「夫婦げんかは犬-食わない」
(仮定条件句の中で用いられて)そのことだけで、すべての条件が満足される意を表す。 「君-よければ、それでいい」 「お金-あれば、満足だ」
そればかりではなく、さらにつけ加わる意を表す。これが「さえ」本来の用法であるが、現代語ではこの用法は少なくなっている。 「親兄弟ばかりでなく、妻に-死に別れた」 「多祜たこの浦の底-にほふ藤波を/万葉集 4200」 〔上代では、「さへ」は「すら」「だに」とそれぞれ意味を分担して並び行われたが、その後、「すら」「だに」は次第に用いられることが少なくなり、「さへ」がそれらに代わって用いられるようになっていった。この傾向は中世末期以降特に目立つようになった。それと同時に、従来「さへ」がもっていたの用法、すなわち添加の意には「まで」が用いられることが多くなった〕 → すらだに

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さえの関連キーワードぬばかり浮け交いさしもう候ひ候へな・うわ・う

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さえの関連情報