コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さえ サエ

デジタル大辞泉の解説

さえ[副助]

[副助]《動詞「そ(添)う」(下二)の連用形「そえ」から生じたという》名詞、活用語の連体形または連用形、助詞など種々の語に付く。
すでにあるものの上に、さらに付け加える意を表す。…までも。「風が吹き出しただけでなく、雨さえ降りだした」
「霧も深く露けきに、簾(すだれ)―上げ給へれば、御袖もいたく濡れにけり」〈・夕顔〉
ある事柄を強調的に例示し、それによって、他の場合は当然であると類推させる意を表す。…だって。…すら。「かな文字さえ読めない」
「その大切な神仏(かみほとけ)さまがたで―金銀を御信心遊ばす」〈滑・浮世風呂・四〉
(仮定表現を伴い)その条件が満たされれば十分な結果が生じる意を表す。せめて…だけでも。「これさえあれば鬼に金棒だ」「覚悟ができてさえいれば、心配はない」→すらだにまで
「一の棚―領じておいたらば(=手ニ入レテオケバ)後には何を商売いたさうともそれがしがままぢゃ」〈虎明狂・鍋八撥〉
[補説]「さえ」は、古くは格助詞の上にも下にも付き、「さへも」「さへこそ」のように係助詞にも先行するところから副助詞とする。中古から「すら」の意を吸収した「だに」との混同が始まるが、23用法は、中世末ごろ「だに」がほとんど用いられなくなってそのをも吸収したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さえ

( 副助 )
〔語源は「添え」という〕
体言およびそれに準ずる語、活用語の連用形、格助詞、接続助詞「て」など種々の語に付く。
極端な事柄を例として提示し、他の一般を推し量らせる意を表す。普通、打ち消しの表現を伴ったり、「…さえ…だから」の形でその結果に結びつけたりすることが多い。 「大学者で-解けない問題だから、一般の人にわかるはずがない」 「夫婦げんかは犬-食わない」
(仮定条件句の中で用いられて)そのことだけで、すべての条件が満足される意を表す。 「君-よければ、それでいい」 「お金-あれば、満足だ」
そればかりではなく、さらにつけ加わる意を表す。これが「さえ」本来の用法であるが、現代語ではこの用法は少なくなっている。 「親兄弟ばかりでなく、妻に-死に別れた」 「多祜たこの浦の底-にほふ藤波を/万葉集 4200」 〔上代では、「さへ」は「すら」「だに」とそれぞれ意味を分担して並び行われたが、その後、「すら」「だに」は次第に用いられることが少なくなり、「さへ」がそれらに代わって用いられるようになっていった。この傾向は中世末期以降特に目立つようになった。それと同時に、従来「さへ」がもっていたの用法、すなわち添加の意には「まで」が用いられることが多くなった〕 → すらだに

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さえの関連キーワード来年のことを言うと鬼が笑う終わり良ければすべて良し障の神・塞の神・道祖神恋の山には孔子の倒れ後は野となれ山となれ頭の蠅も追えないいちにのさんぽ首斬浅右衛門虫も殺さない朝井まかて然なきだに自分ながら然らぬだに事勿れ主義然らでだに佐伯八兵衛上杉禅秀妻ただでさえ一念不生赤津隆基

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さえの関連情報