コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合歓木 ゴウカンボク

6件 の用語解説(合歓木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごうかん‐ぼく〔ガフクワン‐〕【合歓木】

ネムノキの別名。

ねぶ‐の‐き【合歓木】

ネムノキの別名。

ねむ‐の‐き【合歓木】

マメ科の落葉高木。東北地方以南の山野に自生。葉は羽状複葉で、互生し、小葉が数十枚並んでつく。夜になると、小葉が手を合わせたように閉じて垂れ下がる。夏、淡紅色の約20個からなる頭状の花をつけ、夕方開花し、紅色の長い雄しべが傘状に広がる。豆果は平たい。ねぶのき。ねぶ。ねむ。ごうかん。ごうかんぼく。ごうかのき。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうかんぼく【合歓木】

ネムノキの別名。

ねぶのき【合歓木】

ねむのき【合歓木】

マメ科の落葉高木。山野に自生し、庭木ともされる。葉は披針形の小葉多数から成る大形の羽状複葉。夜間、小葉を閉じて就眠運動をする。六、七月、枝先に十数個の頭状花序がつく。淡紅色のおしべは長い糸状で多数あり、美しい。ネム。ネブ。ネブノキ。合歓木ごうかんぼく。合歓こうかの木。ネムリノキ。 〔「合歓の花」は [季]夏。《象潟や雨に西施が合歓の花/芭蕉》〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合歓木の関連情報