合歓木(読み)ゴウカンボク

デジタル大辞泉の解説

ごうかん‐ぼく〔ガフクワン‐〕【合歓木】

ネムノキ別名

ねぶ‐の‐き【合歓木】

ネムノキの別名。

ねむ‐の‐き【合歓木】

マメ科の落葉高。東北地方以南の山野に自生。葉は羽状複葉で、互生し、小葉が数十枚並んでつく。夜になると、小葉が手をわせたうに閉じて垂れ下がる。夏、淡紅色の約20個からなる頭状の花をつけ、夕方開花し、紅色の長い雄しべが傘状に広がる。豆果は平たい。ねぶのき。ねぶ。ねむ。ごうかん。ごうかんぼく。ごうかのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうかんぼく【合歓木】

ネムノキの別名。

ねぶのき【合歓木】

ねむのき【合歓木】

マメ科の落葉高木。山野に自生し、庭木ともされる。葉は披針形の小葉多数から成る大形の羽状複葉。夜間、小葉を閉じて就眠運動をする。六、七月、枝先に十数個の頭状花序がつく。淡紅色のおしべは長い糸状で多数あり、美しい。ネム。ネブ。ネブノキ。合歓木ごうかんぼく。合歓こうかの木。ネムリノキ。 〔「合歓の花」は [季] 夏。《象潟や雨に西施が合歓の花/芭蕉》〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

合歓木 (ネムノキ・ネブ;コウカギ;ゴウカノキ;ゴウカンボク)

学名:Albizzia julibrissin
植物。マメ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごうか‐の‐き ガフクヮ‥【合歓木】

〘名〙 (「ごうか」は「ごうかん」の変化した語。「こうかのき」とも) =ねむのき(合歓木)《季・夏》
※古今六帖(976‐987頃)六「昼は咲き夜は恋ひぬるかうかの木君のみ見むやわけさへに見よ」

ごうかん‐ぼく ガフクヮン‥【合歓木】

〘名〙 (「ねむのき」にあてた字「合歓木」の音読み) =ねむのき(合歓木)
※風俗画報‐九三号(1895)人事門「桜といふも同じ埃嚢抄には合(ゴフクヮンボク)とす」

ねぶ‐の‐き【合歓木】

〘名〙 植物「ねむのき(合歓木)」の異名。〔名語記(1275)〕

ねぶり【合歓木】

〘名〙 植物「ねむのき(合歓木)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

ねぶり‐の‐き【合歓木】

〘名〙 植物「ねむのき(合歓木)」の異名。《季・夏》 〔本草和名(918頃)〕

ねむ‐の‐き【合歓木】

〘名〙 マメ科の落葉高木。本州、四国、九州の山野の日当たりのよい所に生え、庭木ともされる。高さ六~九メートル。葉は二回羽状複葉、長さ二〇~三〇センチメートルくらいで柄があり、一〇~二五個の羽片に分かれる。小葉は長さ一・二センチメートル内外の刀形で、おのおの羽片に三六~五八個つく。六~七月、枝端に頭花をつける。頭花は二〇花ほどの淡紅色の小さな筒状花からなり、花冠から長く抽出した淡紅色で長さ三~四センチメートルの多数の花糸が目立つ。果実は広線形、長さ一〇センチメートル、幅一・五センチメートル内外の莢果で、一〇~一五の種子がはいる。葉は刺激を与えられたり夜になると閉じ、花は夕方開く。樹皮を合歓皮(ごうかんひ)といい、駆虫薬、強壮薬などに用いる。和名は、小葉が夜になると閉じることによる。漢名、合歓、夜合樹。ねむ。ねぶ。ねぶた。ねぶのき。ねぶり。ねぶりのき。ごうか。ごうかのき。ごうかん。《季・夏》 〔伊京集(室町)〕
※左千夫歌集(1920)〈伊藤左千夫〉明治三五年「玉襷かけのよろしく かぎろひの夕べになれば 相睦びさぬるねむの木」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合歓木の関連情報