コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さそり座X‐1(蠍座X‐1) さそりざエックスワンScorpius X‐1

世界大百科事典 第2版の解説

さそりざエックスワン【さそり座X‐1(蠍座X‐1) Scorpius X‐1】

さそり座にある全天でもっとも明るいX線星。略号Sco X‐1。1962年に観測ロケットによって予想を4桁も上回る強い天体X線が発見された。当初は観測の分解能が悪く,これが銀河中心を含む数十度の範囲に広がっているように見えたものである。その後まもなく,この天体X線のほとんどは銀河中心から銀河座標で北のほうに25゜ほどの方向からくることが明らかになり,それがさそり座にあることからさそり座X‐1と命名された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android