コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さだまさし

1件 の用語解説(さだまさしの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

さだまさし

1952年4月、長崎市生まれ。小学校を卒業し、バイオリン修業のため単身上京する。葛飾区立中川中学校、国学院高校を卒業。72年、国学院大学を中退後、高校時代からの友人・吉田正美とフォークデュオ「グレープ」を結成した。73年10月、「雪の朝」でデビュー。2枚目のシングル精霊流し」が大ヒットに。ソロデビューは76年。以来、「関白宣言」「北の国から」などヒット曲を生む。小説家としても知られ、著書に「解夏(げげ)」「かすてぃら」などがある。NHKテレビで「今夜も生でさだまさし」を放映中だ。

(2013-04-07 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだまさしの関連キーワード高等小学校長崎県長崎市城山町岡部直清佐伯右文桜井祐男角田てる寺部だい平田のぶ真山寛村崎サイ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さだまさしの関連情報