コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さだまさし

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

さだまさし

1952年4月、長崎市生まれ。小学校を卒業し、バイオリン修業のため単身上京する。葛飾区立中川中学校、国学院高校を卒業。72年、国学院大学を中退後、高校時代からの友人・吉田正美とフォークデュオ「グレープ」を結成した。73年10月、「雪の朝」でデビュー。2枚目のシングル精霊流し」が大ヒットに。ソロデビューは76年。以来、「関白宣言」「北の国から」などヒット曲を生む。小説家としても知られ、著書に「解夏(げげ)」「かすてぃら」などがある。NHKテレビで「今夜も生でさだまさし」を放映中だ。

(2013-04-07 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

さだまさしの関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さだまさしの関連情報