さよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

さよ

?-? 江戸時代中期の農婦。
常陸(ひたち)吉沼村(水戸市)の人。夫が重病にかかると,田をうって治療費とし,車をひいて陸奥(むつ)岩城(福島県)の温泉に療養にいき,病をなおした。享保(きょうほう)19年(1734)藩主はその行いをたたえ,田をかいもどしてあたえたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さよの関連情報