コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

さよ

?-? 江戸時代中期の農婦。
常陸(ひたち)吉沼村(水戸市)の人。夫が重病にかかると,田をうって治療費とし,車をひいて陸奥(むつ)岩城(福島県)の温泉に療養にいき,病をなおした。享保(きょうほう)19年(1734)藩主はその行いをたたえ,田をかいもどしてあたえたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

さよの関連キーワードさよひめのさうし入り日影・入日影ナイチンゲール小夜の中山穂薄・穂芒中山万太夫ゆくりなし暑気払い重くれる伏見忠七流れの末夜泣き石潮汲み車姉歯の松若菜摘み弟日姫子隠ろへ事飛鳥井網代木消し炭

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さよの関連情報