ざるべからず(読み)ザルベカラズ

デジタル大辞泉 「ざるべからず」の意味・読み・例文・類語

ざる‐べから◦ず

[連語]《打消しの助動詞ざり」の連体形連語「べからず」》(二重否定意味を強めて)…しなければならない。…せよ。「精励せ―◦ず」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ざるべからず」の意味・読み・例文・類語

ざる‐べから・ず

  1. ( 打消の助動詞「ず」の補助活用「ざる」に、推量の助動詞「べし」の補助活用「べから」、打消の助動詞「ず」とが付いたもの ) 二重否定によって、強い義務や命令の意を表わす。…しないわけにはいかない。…しなければならない。
    1. [初出の実例]「時勢の沿革、意を用ひざる可らず」(出典:文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例