しんせん

普及版 字通「しんせん」の解説

【辰】しんせん

天子自ら試問される。

字通」の項目を見る

【神】しんせん

神仙

字通「」の項目を見る

【真】しんせん

さとり。真諦・盧蔵用〔衡岳十八高僧序〕然れども年代悠(いうばく)にして、故老或いは眞せるも、緬(めんび)の後生、何をかべん。

字通「」の項目を見る

【寝】しんせん

とまに寝る。居。〔礼記、喪大記〕母の喪には、倚盧(いろ)に居りて塗らず、に寢(い)ね(つちくれ)を枕とし、喪事に非ざれば言はず。

字通「寝」の項目を見る

【新】しんせん

新著

字通「新」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報