コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

論理演算によって評価されるのひとつ。条件式を満たしたときの値。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん【真】

うそや偽りでないこと。にせものでないこと。本当。真実。ほんもの。「の芸術」「の勇気」
まじりけがないこと。本来の意味どおりであること。「の紅」「の正方形」
道理として正しいこと。真理。「を究める」
まじめなこと。真剣なこと。また、そのさま。「になって相談にのる」
論理学で、ある命題が事実と一致すること。また、そのさま。⇔偽(ぎ)。「逆もまたなり」
楷書」に同じ。「、行、草」
(「心」とも書く)
㋐華道で、構成の中心となる枝。役枝(やくえだ)。
㋑「真打(しんうち)」の略。

しん【真〔眞〕】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓] まこと
学習漢字]3年
〈シン〉
うそのないこと。本当。まこと。「真意真価真偽真剣真実真正真相真理写真正真(しょうしん)迫真
自然のまま。「純真天真
全くの。「真紅(しんく)真空
楷書。「真行草
〈ま〉「真顔真心
[名のり]さだ・さな・さね・ただ・ただし・ちか・なお・まき・まさ・ます・まな・み
[難読]真田(さなだ)真葛(さねかずら)真砂(まさご・まなご)真面目(まじめ)真字(まな)真鶴(まなづる)真似(まね)

ま【真】

[名]偽りがないこと。まこと。ほんとう。真実。
[接頭]名詞・動詞・形容詞・形容動詞などに付く。
うそいつわりのない、本当の、などの意を表す。「人間」「正直」
純粋である、まじりけがない、などの意を表す。「水」「新しい」
正確にその状態にある意を表す。「北」「下」「四角」
動植物の名に付いて、その種の中での代表的なもの、標準的なものである意を表す。「いわし」「がも」「竹」
りっぱな、美しい、などの意を表す。「玉」「杭(ぐい)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説


芸名

性別
女性

生年月日
1982/04/17

星座
おひつじ座

干支
戌年

出身地
東京都

身長
167cm

靴のサイズ
25cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
モデルとして『S Cawaii』『QUEST』『LUIRE』などの雑誌に出演。その他、TV、映画等でも活躍。出演作品として、映画『デトロイト・メタル・シティ』、『BROWN COFFEE』、BS-i『携帯刑事 銭形雷』、日本テレビ『華麗なるスパイ』、TBS『私の10のルール』、テレビ朝日『名探偵の掟』『100の資格を持つ女2』他多数。

代表作品
映画『デトロイト・メタル・シティ』 / 映画『BROWN COFFEE』 / CM『三洋電機』『TEPCOひかり』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

大辞林 第三版の解説

しん【真】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まこと。本当。ほんもの。真実。真正。 「 -と偽を見分ける」 「 -の教養」
真理。 「 - ・善・美」
まじめなこと。真剣なこと。また、そのさま。 「何か-になつて話をしてゐたのが/其面影 四迷
〘論〙 命題のとる真理値の一。二値論理では真・偽の二値のみをとるが、多値論理では三つ以上の値をとり得る。 ↔
漢字の字形をくずさない書き方。楷書。真書。 「 - ・行・草」
漢字。 「 -で書いて有るに依つて読めぬ/狂言・粟田口 虎寛本
「真打ち」の略。 「 -を打つ」 → 真に
[句項目]

ま【真】

[0] ( 名 )
本当。真実。まこと。 → 真に受ける
( 接頭 )
名詞・形容詞・形容動詞などに付く。
うそいつわりのない、真実の、本当の、などの意を表す。 「 -人間」 「 -正直」
正確な、ぴったりでずれのない、などの意を表す。 「 -北」 「 -横」 「 -四角」
まざりけのない、全くの、などの意を表す。 「 -水」 「 -新しい」
美しい、立派ななど、ほめたたえる意を表す。 「 -玉」 「 -木」
生物の名に付けて、その種の中で代表的・標準的なものである意を表す。 「 -竹」 「 -いわし」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しん
truth; Wahrheit

真偽が問われるのは判断およびそれを文章化したものとしての命題である。アリストテレス・トミズムにおいては真理は判断と対象が適合することと規定され,真理の基準として判断相互間の整合性をとる立場,すなわち整合説が出てくる (カントや新カント派) 。しかし相互に整合的だが全体がまったく虚構であるような判断の体系は真とはいえないから,どこかで実在との接点がなくてはならない。プラグマティズムでは真理はそれが行動を規制する有用性であるとした。またなんらかの意義深い判断のみを真理とする傾向は実存主義にも顕著である。また判断の名に値するのが価値判断 (→価値判断論争 ) であるとするなら,対応説の内部でもこれをイデアとの適合とする存在の真理を考えねばならない。これはプラトンアウグスチヌスの伝統に立ってトマスが認識の真理に対して第2の真理としたもので,存在者はそれが神のうちにある原型的イデアと一致するとき真である。キリスト教において真なる神とか真理としてのキリストとかいわれるのはこの意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

真の関連キーワード賀茂真淵(かものまぶち)北海道上川郡美瑛町拓進クリプトコッカス症マイコトキシン症深在性皮膚真菌症デビルチルドレン深部皮膚真菌症真慧(しんね)数学的帰納法トートロジー深在性真菌症排他的論理和表在性真菌症ジュルチン皮膚真菌症真棒胴突き論理演算自由電荷太真外伝殺真菌薬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真の関連情報