じゃじゃ馬ならし(読み)じゃじゃうまならし(英語表記)The Taming of the Shrew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

じゃじゃ馬ならし
じゃじゃうまならし
The Taming of the Shrew

イギリスの劇作家シェークスピアの喜劇。 1592~93年頃の作品。初版は 1623年の二つ折本 (ファースト・フォリオ) 。気の強い女性カタリーナを求婚者ペトルーチオが貞淑な妻に変える話。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

じゃじゃ馬ならし

日本のテレビドラマ。放映はフジテレビ系列(1993年7月~9月)。全12回。脚本:戸田山雅司ほか。主題歌:観月ありさ。出演:中井貴一、観月ありさ、内田有紀ほか。

じゃじゃ馬ならし

イギリスの振付家ジョン・クランコによる全2幕のバレエ(1969)。原題《The Taming of the Shrew》。初演はシュトゥットガルト・バレエ団。シェークスピアの同名の戯曲を題材とした作品。ほかに、ジョン・ノイマイヤー、モーリス・ベジャールの振付による版が知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android