コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃによって ジャニヨッテ

デジタル大辞泉の解説

じゃに‐よって[接]

[接]《助動詞「じゃ」+助詞「に」+動詞「よる」+助詞「て」から》先に述べた事柄によって帰結することを述べる文を導く。であるから。
「―、あれが何を云おうとも、滅多に腹は立てまいぞ」〈綺堂修禅寺物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃによって

( 接続 )
〔助動詞「じゃ」に助詞「に」、動詞「よる」の連用形の音便の形「よっ」、助詞「て」の付いたもの〕
上に述べた事柄の結果として、次のようなことが起こる場合に用いる。だによって。だから。 「殿様から方々へ立てて置かしやつた高札を、奴どもが皆引抜いていんだわいの。-へしやげたわいの/浄瑠璃・彦山権現」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃによっての関連キーワードよしこの節伊吹山脇狂言竪義登山助詞