コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すくすく スクスク

デジタル大辞泉の解説

すく‐すく

[副]
勢いよく成長するさま。「すくすく(と)育つ」
樹木などがまっすぐにのびているさま。
「―した新樹のような若さに打たれながら」〈秋声仮装人物
弱々しく泣くさま。しくしく。
「―泣いている声がしていたというので」〈左千夫野菊の墓
勢いよく順調に進むさま。
「楽浪道(ささなみぢ)を―と我がいませばや」〈・中・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すくすく

( 副 )
元気よく成長するさま。樹木などが勢いよく伸びるさま。また、高くまっすぐ伸びているさま。 「子供が-(と)育つ」 「竹が-(と)大きくなる」 「 繫船かかりぶねの帆柱が-と/歌行灯 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

すくすくの関連キーワード白樺リゾートファミリーランドつのだりょうこセインカミュくわばたりえ冷蔵庫マン沢乃ゆかりしなだゆう双月南那稚児・児階だゆふ山崎倫子柾木 卓するする鶴見辰吾伸び伸び健よか生育つ返さふ路・道聖立つ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すくすくの関連情報