コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すらを スラヲ

デジタル大辞泉の解説

すら‐を

[連語]《副助詞「すら」+助詞「を」》
…でも。…なのに。
「にきびにし我が家―草枕旅寝のごとく思ふ空苦しきものを」〈・三二七二〉
(打消しの語を伴って)…さえも。
「春雨の止まず降る降る我(あ)が恋ふる人の目―相見せなくに」〈・一九三二〉
[補説]「を」は格助詞とも間投助詞ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すらを

( 連語 )
〔副助詞「すら」に助詞「を」の付いたもの〕
当然推測される事実に反する事態が起こることを表す。…であるのに。 「あぶり干す人もあれやも家人の春雨-間使ひにする/万葉集 1698

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すらをの関連キーワード着襲狩り・競ひ狩りたたなづく和膚・柔膚祝く・寿く有村連寿尼秋好 馨焼き太刀醜の大夫名に負う摺り付く江藤新平おおろか舎人娘子舎人親王思ひ撓む名を立つ打消し剣太刀競い狩秋好馨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android