ずいずい

精選版 日本国語大辞典「ずいずい」の解説

ずい‐ずい

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 勢いよく音をたてるさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)二八「匠がおのを〈略〉ふりふりとふったればづいづいをとがしたぞ」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉四七「夜は名の知れぬ虫が頻(しきり)にズイズイと鳴き」
② 目的のものに、ただひたすらに立ち向かい、ぐんぐんと進んでゆくさまを表わす語。
※俳諧・三河小町(1702)上「ずいずいと雲やゆり出す神送〈野紅〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「ずいずい」の解説

】ずいずい

物のたれるさま。宋・欧陽脩〔雪〕 稜稜たり、風犯すこと(なか)れ として、止みて(ま)た作(おこ)る

字通」の項目を見る

】ずいずい

くさむら

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android