コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そこはかと ソコハカト

デジタル大辞泉の解説

そこはか‐と

[副]《「其処(そこ)は彼(か)と」の意という》
(あとに打消しの語を伴って用いる)どこそことはっきりとは。確かには。
「悩み給ふさま―見えず」〈・若菜下〉
何となく。あれやこれやと。
「―思ひ続けて来てみればことしのけふも袖はぬれけり」〈新古今哀傷

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこはかと

( 副 )
どこがどうであるとさしていえるほどに、場所や物事の明瞭なさま。はっきりと。分明に。 「顔かたち、-いづこなむすぐれたる、あな清らと見ゆる所もなきが/源氏 匂宮」 「 -思ひわくことはなきものから/源氏 橋姫
何かはっきりしないさま。なんとなく。どうということなく。 「 -思ひつづけて来て見れば今年の今日も袖は濡れけり/新古今 哀傷」 〔「其処そこは彼と」の意とされるが、「いづこをはかりとも覚えざりければ/伊勢 21」のような言い方もあるので、「はか」は「計はかり」と同源で、目当て・当てど、の意か〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

そこはかとの関連キーワードそこはかとないそこはかとなく風車小屋だより書き紛らはす『徒然草』ペーソス中西悟堂今村昌平パニョル朝鮮文学カプーア染谷俊之読経争ひパトモア竹の園生書き乱る由無し事打消し萌え木何心地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そこはかとの関連情報