コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

その前夜 そのぜんや Nakanune

2件 の用語解説(その前夜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

その前夜
そのぜんや
Nakanune

ロシアの作家 I.ツルゲーネフの小説。 1860年発表。女主人公エレーナは,意志の強い,自由と活動の理想に燃える女性であり,オスマン帝国から祖国を解放することに身を捧げるブルガリアの志士インサーロフの妻となって,家を捨て外国へ夫を追う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

その前夜
そのぜんや
Накануне Nakanune 

ロシアの作家ツルゲーネフ長編小説。1860年刊。友人同士の2人の青年、彫刻家のシュービンと将来の大学教授ベルセーネフは、ともに金持ちの貴族令嬢エレーナを恋している。彼女も2人に好意をもっている。ある日ベルセーネフが友人インサーロフを連れてくる。インサーロフはロシアの大学に学ぶブルガリア独立運動の志士である。インサーロフを知るに及んで、エレーナは彼を自分の夫に選ぶ。日常的な家庭生活の幸福を捨て、あえていばらの道を選んだのである。ブルガリアへの帰国の途中、インサーロフはイタリアで病死するが、彼女は夫の遺志を継ぎ、亡夫の祖国に赴き、独立運動に身を投じる。エレーナは行動的、情熱的な、きたるべき時代のロシア女性の理想像である。題名は農奴解放(1861)の「前夜」を意味する。[佐々木彰]
『湯浅芳子訳『その前夜』(岩波文庫) ▽佐々木彰訳『その前夜』(『世界文学全集38』所収・1975・講談社) ▽ドブロリューボフ著、金子幸彦訳『その日はいつ来るか?』(『オブローモフ主義とは何か? 他一編』所収・岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

その前夜の関連キーワードザイツェフツルゲーネフルージン片恋ツルゲネーフロシアの恋人田中純(1)タネーエフ, アレクサンドル・セルゲエヴィチグリゴロービチトゥルゲーネフ,I.S.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

その前夜の関連情報