コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞかし ゾカシ

デジタル大辞泉の解説

ぞ‐かし

[連語]《係助詞「ぞ」+終助詞「かし」》…であるよ。…だぞ。
「にぎはひ豊かなれば、人には頼まるる―」〈徒然・一四一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞかし

( 連語 )
〔文末に用いられた係助詞「ぞ」に終助詞「かし」が付いたもの〕
強く念を押して断定する意を表す。 「我はこのごろ悪わろき-/更級」 「かげろふのゆふべを待ち、夏の蟬の春秋をしらぬも有る-/徒然 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぞかしの関連キーワード五音の占い片側・片傍ふくつけし尻食らへ且つうは散ろぼふひとまど道具落し直ぐ通り聞き触る役者子供言も疎か終助詞然許り拵え物禿びる余所げ口遊び忍び女畢竟は

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android