コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たきつけ・もえくゐ・けしずみ たきつけもえくいけしずみ

世界大百科事典 第2版の解説

たきつけもえくいけしずみ【たきつけ・もえくゐ・けしずみ】

遊郭秘伝書。著者不詳。各1冊で三部作の形態をとる。1677年(延宝5)刊。《たきつけ》は島原帰りに丹波口付近で道連れになった60歳余りの老人と30歳前後の男との,女郎の誠の有無についての問答,《もえくゐ》は《たきつけ》の筆者に若者が(すい)について聞く,《けしずみ》は西の京のもと遊女の尼に遊女の手管(てくだ)などを聞く,という構成をとる。仮名草子の注目作の一つ。【宗政 五十緒】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android