コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たたら(鑪/踏鞴) たたら

百科事典マイペディアの解説

たたら(鑪/踏鞴)【たたら】

日本古来の製鉄法で,日本刀に必要な玉鋼(たまはがね)をつくった。有史以前に発し,良質の山砂鉄のある中国地方で盛んであったが,明治中期以後衰微した。炉は耐火粘土で築造し,大きさは江戸〜明治初期のもので,大体,長さ2.7m,幅0.9m,炉壁の厚さ9〜15cmの方形で,高さは【けら】押(けらおし)(和鋼(わこう)の製造)では0.9〜1.2m,銑押(ずくおし)(和銑の製造)では1.2〜1.5m。
→関連項目大板山たたら製鉄遺跡砂鉄鉄鋼道後山和鉄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android