玉鋼(読み)たまはがね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉鋼
たまはがね

和鋼 (わはがね) ともいう。日本古来の製鋼法 (たたら炉法) で,砂鉄原料としてつくられた低リン鋼。たたら炉は,砂鉄から一挙に鋼をつくる木炭炉で,その和鋼日本刀材料となった。たたら炉に炭火を入れ,上に木炭を積み重ね,ふいごで温度を上げてから,砂鉄をシャベルで散布,さらに木炭を載せる。ふいご送風を続けながら,この操作を 30~45分ごとに繰返すと,砂鉄と木炭が層状となって還元が行われる。操業は3昼夜前後続けられ,取出した鉄塊をけら鉄といい,これを大気中で放冷して破砕したものを火鋼または千草鋼,水中急冷して破砕したものを水鋼または出羽鋼と呼ぶ。明治になってから,海軍工廠のるつぼ鋼の原料として供給され,「たまはがね」の名が生れた。成分は炭素 0.9~1.8%,ケイ素 0.05%以下,リン 0.005~0.02%,マンガン,硫黄は痕跡で,非常に純良な鋼である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たまはがね【玉鋼】

和鋼わはがねの一種。砂鉄からたたら製鉄でつくる鋼で、日本刀を作るのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉鋼
たまはがね

わが国で近世から大正期まで中国地方山地を中心に行われていたたたら製鉄法において、(けらおし)法という一種の直接製鋼法で得られた良質鋼の一名を玉鋼という。押法では操業終期に炉体を崩し、炉底に生成している塊を引き出しそのまま冷却するか、あるいは鉄池(かないけ)とよばれる池中へ投入して急冷した。前者を火(ひ)鋼あるいは千草(ちぐさ)鋼、後者を水鋼あるいは出羽(いずは)鋼とよんだ。冷却した塊は銅場(どうば)において、まず大銅(おおどう)という重量1.4トンもの鋳鉄製重錘(じゅうすい)をつり上げ、落下させることによって大割りし、ついで中・小銅、さらに鉄鎚(てっつい)で小割りした。銑鉄、鉱滓(こうさい)、木炭屑(くず)が混入、付着している塊は、この破砕工程、および鋼作場(はがねつくりば)での破面、光沢、展延性による選別工程によって各種等級に選別された。銑鉄を含んでいない良質の鋼塊(径15センチメートル)を頃鋼(ころはがね)といい、以下、角中、中折、小中折、目白、砂味(じゃみ)(径3センチメートル以下)などがあった。これらを造鋼(つくりはがね)と総称した。明治期に海軍工廠(こうしょう)のるつぼ製鋼原料として供給された造鋼を玉鋼と称した。化学成分は、炭素0.9~1.8%、ケイ素0.05%以下、リン0.01~0.02%、マンガン、硫黄(いおう)、銅が痕跡(こんせき)程度、酸素0.01%、窒素0.002%であり、リン、硫黄などの有害不純物がきわめて少ない。日本刀をはじめ刃物の刃部材料に用いられた。[原善四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たま‐はがね【玉鋼】

〘名〙 日本刀の刀身の材料にする、砂鉄をとかした鋼鉄

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の玉鋼の言及

【たたら(鑪∥踏鞴)】より

…日本古来の代表的な製鉄方法。粘土でつくられた高さの低い角形の炉で,木炭を燃料として砂鉄を製錬する原始的なものであるが,日本刀の素材である玉鋼(たまはがね)はこの方法でつくられていた。炉の下方から風を送って木炭を燃焼させ,十分に温度を上げてから木炭と砂鉄を交互に層状に投入しながら,連続的に3昼夜ほど操業して砂鉄を還元する。…

※「玉鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉鋼の関連情報