コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞴/韛/吹子/吹革 フイゴ

デジタル大辞泉の解説

ふい‐ご【×鞴/×韛/吹子/革】

《「ふきがわ」の変化した「ふいごう」の音変化》火力を強めるために用いる送風装置。箱の中のピストンを動かして風を送る。古代から金属精錬加工に使用された。

ふい‐ごう〔‐がう〕【×鞴】

ふいご」に同じ。
「大息ついだるその響き、―吹くが如くなり」〈浄・国性爺

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鞴【ふいご】

吹子とも書く。金属製錬などに使う簡単な送風装置。エジプトのファラオの墓標の記録,日本書紀の天の岩戸の条の天羽鞴(あめのはぶき)の記事などがあり,きわめて古くから使われたと考えられる。
→関連項目鍛冶屋鉄鋼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふいごう【鞴】

ふいご(鞴) 」に同じ。 「其のひびき-吹くがごとくなり/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鞴/韛/吹子/吹革の関連キーワードたたら(鑪/踏鞴)檜山安東氏城館跡踏鞴祭り・踏鞴祭姫踏鞴五十鈴媛命周防鋳銭司遺跡鞏県鉄生溝遺跡御火焚・御火焼横大道製鉄遺跡地団駄・地団太周防鋳銭司跡唐古・鍵遺跡長門鋳銭所跡鞴祭り・鞴祭吹き皮・鞴和鋼博物館東奈良遺跡踏む・履む踏鞴・蹈鞴正家廃寺跡国性爺合戦

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android