たらこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たらこ

鱈子とも書く。明太子 (めんたいこ) あるいは紅葉子 (もみじこ) とも呼ばれる。すけとうだらの腹子を塩蔵したもの。真だらの子も用いられる。腹子の皮膜を破らないように丁寧に腹から取出し,洗浄後よく水を切って生原料の重さの 15%前後の食塩をふり,1昼夜ぐらい塩蔵する。この間,食紅,発色剤を加えることもある。散塩法以外に食塩水に浸漬する方法もある。すけとうだらの腹子が最上品とされ,腹子の重さによって等級がつけられている。 45g以上のものを1等品,30g以下のものを3等品という。副食,酒の肴 (さかな) として賞味される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たらこ
たらこ / 鱈子

マダラやスケトウダラの卵巣であるが、一般にはスケトウダラ卵巣の塩蔵したものをいう。赤く着色したものは紅葉子(もみじこ)ともいう。魚体から取り出した卵巣を希薄食塩水で洗い、粘液や汚物を除き、冬期は12%、夏期は15%程度の食塩と食用紅を加える。6~8時間塩蔵し、この間、数回手返しを行い、食塩と食用紅を浸透させたのち水切りする。消費者の希望で食用紅を加えないものもある。未熟卵や透明となった過熟卵の味は落ち、不透明卵がぎっしり詰まった卵巣からつくったものがうまい。卵膜の一部の青いものがあるが、これは胆汁の色素が付着したものである。焼いたり、そのままだいこんおろしと和(あ)えて食べたり、おにぎりに入れるとうまい。福岡ではスケトウダラの卵巣を塩蔵する際、トウガラシを加えたものを「めんたい子」とよんでいるが、明太(めんたい)とはもともと韓国語でスケトウダラのことである。そこで、トウガラシ入りのたらこをめんたい子とよぶようになった。[金田尚志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たらこの関連情報