だの(読み)ダノ

  • 並助

デジタル大辞泉の解説

[並助]体言や用言の終止形などに付く。全体の中からいくつかの事柄を同列に並べあげる意を表す。「出張だの会議だのと毎日忙しい」「好きだの嫌いだのとわがままばかり言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(断定の助動詞「だ」に間投助詞「の」が付いて助詞化したもの) 体言または活用語の言い切りの形について物事を列挙する。
※洒落本・南閨雑話(1773)怖勤の体「どふしても神明だの、宿だのといっては」
※土(1910)〈長塚節〉七「善(え)えだの悪(わり)いだのって膨(ふく)れたり何っかすんぢゃねえぞ、なあ」
[補注]橋本文法では並立助詞という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だのの関連情報