だの

精選版 日本国語大辞典「だの」の解説

だ‐の

(断定助動詞「だ」に間投助詞「の」が付いて助詞化したもの) 体言または活用語の言い切りの形について物事を列挙する。
洒落本・南閨雑話(1773)怖勤の体「どふしても神明だの、宿だのといっては」
※土(1910)〈長塚節〉七「(え)えだの悪(わり)いだのって膨(ふく)れたり何っかすんぢゃねえぞ、なあ」
[補注]橋本文法では並立助詞という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「だの」の解説

だの[並助]

[並助]体言や用言の終止形などに付く。全体の中からいくつかの事柄を同列に並べあげる意を表す。「出張だの会議だのと毎日忙しい」「好きだの嫌いだのとわがままばかり言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android