並立助詞(読み)へいりつじょし

精選版 日本国語大辞典「並立助詞」の解説

へいりつ‐じょし【並立助詞】

〘名〙 助詞の一種。対等の関係にある語のそれぞれに付いて、並列、累加、選択などの意味で接続するもの。「月と星と」「松杉や」「左右か」などの「と・や・か」。口語ではその他に、「に・やら・だの・なり」など。「と・に・や・か」などは、並列されるあとの語にはつかないことがある。橋本進吉の用語で、従来この類は、格助詞副助詞係助詞・間投助詞などの中に含められていた。並列助詞。〔国語法要説(1934)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「並立助詞」の解説

へいりつ‐じょし【並立助詞】

助詞の種類の一。種々の語に付いて、二つ以上の言葉を対等の関係で接続するのに用いられる。多くは、格助詞係助詞副助詞接続助詞などから転用されたもの。現代語では、「と」「に」「か」「や」「やら」「の」「だの」など、古語では「や」「の」など。並列助詞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android