つやつや(読み)ツヤツヤ

デジタル大辞泉の解説

[副]
あとに打消しの語を伴って、それを強める気持ちを表す。少しも。まったく。
「かくて御身と相見んとは、―思い掛けざりき」〈鴎外訳・即興詩人
完全に。すっかり。
「―と世の失せ侍りぬるぞとよ」〈愚管抄・七〉
じっくり。つくづく。
国司の姿を―とうち眺め」〈浄・当流小栗判官〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

(多く下に打ち消しを伴って)すっかり。まるっきり。 我も又命は-惜からず/浴泉記 喜美子 げに-忘れて。見て参れ、と仰せあり/とはずがたり 2
つくづく。つらつら。 -とうち眺め/浄瑠璃・当流小栗判官

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物事が徹底しているさまを表わす語。まるっきり。きれいさっぱり。すっかり。まったく。
(イ) 否定辞を伴わない否定的表現に用いる場合。
※愚管抄(1220)七「さながらからすを鵜に使はるることにて侍めれば、つやつやと世のうせ侍りぬるぞとよ」
(ロ) 否定辞を伴った表現に用いる場合。
※宇治拾遺(1221頃)一「翁顔をさぐるに年比ありし癭(こぶ)、あとかたなく、かいのごひたるやうに、つやつやなかりければ」
② 物事をじっくり行なうさまを表わす語。よくよく。つくづく。つらつら。
浄瑠璃・源氏供養(1676)四「源氏物語を取り開き、つやつや是を見て」
③ すっかり寝入るさまを表わす語。すやすや。とろとろ。
※浄瑠璃・釈迦八相記(1669)三「今は御身も、つかれはて、御枕をかたぶけ、つやつや、まどろみ給ひける」
〘名〙 =つわり
※運歩色葉(1548)「択食 ツヤツヤ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つやつやの関連情報