コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つらむ ツラム

デジタル大辞泉の解説

つ◦らむ

[連語]《完了の助動詞「つ」の終止形+推量の助動詞「らむ」》…てしまっているだろう。…ただろう。
「橘の照れる長屋に我(わ)が率(ゐ)寝し童女(うなゐ)放りに髪上げ―◦らむか」〈・三八二三〉
「思ひつつ寝ればや人の見え―◦らむ夢と知りせば覚めざらましを」〈古今・恋二〉
[補説]上代では「らむか」、中古以降では「や…つらむ」の形をとることが多い。また、中世以降は「つらう」「つら」などと音変化した。「らむ」に比べ、多く現在に近い過去の事柄を推量する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つらむ

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の終止形に推量の助動詞「らむ」の付いたもの。「つらん」とも表記〕
完了したこと、または完了したと思われる事態を推量する意を表す。…たであろう。…たことだろう。…てしまっただろう。 「石見のや高角山の木の間より我が振る袖を妹見-・らむか/万葉集 132」 「暮るるほどには立て並べつる車ども、所なくなみゐつる人もいづかたへか行き-・らん/徒然 137

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

つらむの関連キーワード水籠り・水篭り・水籠もりホトトギス(鳥)申さく・白さく真土山・待乳山セネカ(小)愛しけやし聞き慣らす好き好きし玉梓・玉章乗り添ふ衣片敷く闇に暮る聞き敢ふ武隈の松門司の関御座さふ初雁が音何どかはつらん髪上げ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つらむの関連情報