つらら(氷柱)(読み)つらら

百科事典マイペディアの解説

つらら(氷柱)【つらら】

屋根に積もったがとけてしたたり落ちるとき,氷点下気温のためにできる氷の柱のこと。屋根の上でとけた雪は軒先からしずくとなって落ちるが,気温が低いと落ちる瞬間に凍ってしまう。同じ過程を繰り返すことによって,しだいに太くて長いつららとなる。なお滝が凍ってしまったものは氷瀑という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android