コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷柱/氷 ツララ

デジタル大辞泉の解説

つらら【氷柱/氷】

水のしずくが凍って、軒下などに棒状に垂れ下がったもの。垂氷(たるひ)。 冬》「みちのくの町はいぶせき―かな/青邨
こおり。
「書き流すあとは―にとぢてけり何を忘れぬ形見とか見む」〈更級
[補説]書名別項。→氷柱

ひょう‐ちゅう【氷柱】

つらら。
夏、室内を涼しくするために立てる角形の。こおりばしら。

つらら【氷柱】[書名]

森荘已池の短編小説。昭和15年(1940)刊行の作品集「店頭」に収録。第12回芥川賞候補作となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つらら【氷柱 icicle】

垂氷とも書く。屋根に積もった雪がとけてしたたり落ちるとき,氷点下気温のために軒下にできる氷の柱のこと。とけた水の量と気温によって,長さ数cm以下の小さなものから,地面にとどく大きなものまである。屋根の上でとけた雪は軒先からしずくとなって落ちるが,気温が低いと落ちる瞬間に凍ってしまう。次にやってきたしずくも同じ過程を繰り返し,しだいに太く,長いつららになる。とける量が多いと石筍のように下からも氷が盛り上がってきて,屋根から地面までつながることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つらら【氷柱】

雨・雪などの雫しずくが凍って棒状に垂れ下がったもの。たるひ。 [季] 冬。
こおり。ひ。 「朝日さす軒のたるひは解けながらなどか-のむすぼぼるらむ/源氏 末摘花

ひょうちゅう【氷柱】

夏、室内の冷感を高めるために置く角柱形の氷。 → 花氷はなごおり
つらら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

氷柱/氷の関連キーワード俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄長野県木曽郡木曽町三岳日本のおもな美術館北相木[村]多岐川 恭雪の美術館加藤唐九郎水野 仙子田中広子雲竜渓谷久松静児高浜年尾華厳滝垂氷花氷冷房懸氷冷感霜柱滴石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android