コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷柱/氷 ツララ

5件 の用語解説(氷柱/氷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つらら【氷柱/氷】

水のしずくが凍って、軒下などに棒状に垂れ下がったもの。垂氷(たるひ)。 冬》「みちのくの町はいぶせき―かな/青邨
こおり。
「書き流すあとは―にとぢてけり何を忘れぬ形見とか見む」〈更級

ひょう‐ちゅう【氷柱】

つらら。
夏、室内を涼しくするために立てる角柱形の氷。こおりばしら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つらら【氷柱 icicle】

垂氷とも書く。屋根に積もった雪がとけてしたたり落ちるとき,氷点下の気温のために軒下にできる氷の柱のこと。とけた水の量と気温によって,長さ数cm以下の小さなものから,地面にとどく大きなものまである。屋根の上でとけた雪は軒先からしずくとなって落ちるが,気温が低いと落ちる瞬間に凍ってしまう。次にやってきたしずくも同じ過程を繰り返し,しだいに太く,長いつららになる。とける量が多いと石筍のように下からも氷が盛り上がってきて,屋根から地面までつながることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つらら【氷柱】

雨・雪などの雫しずくが凍って棒状に垂れ下がったもの。たるひ。 [季] 冬。
こおり。ひ。 「朝日さす軒のたるひは解けながらなどか-のむすぼぼるらむ/源氏 末摘花

ひょうちゅう【氷柱】

夏、室内の冷感を高めるために置く角柱形の氷。 → 花氷はなごおり
つらら。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷柱/氷の関連キーワード冠雪降雪下消ゆ雪止め掻き下ろす下消え雪解雪垂り雪止雪持

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone