氷柱(読み)ツララ

デジタル大辞泉の解説

つらら【氷柱/氷】

水のしずくが凍って、軒下や山の岩などに棒状に垂れ下がったもの。垂氷(たるひ)。 冬》「みちのくの町はいぶせき―かな/青邨
こおり。
「書き流すあとは―にとぢてけり何を忘れぬ形見とか見む」〈更級
[補説]書名別項。→氷柱

ひょう‐ちゅう【氷柱】

つらら
夏、室内を涼しくするために立てる角形の。こおりばしら。

つらら【氷柱】[書名]

森荘已池(もりそういち)短編小説。昭和15年(1940)刊行の作品集「店頭」に収録同年の第12回芥川賞の候補作となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つらら【氷柱 icicle】

垂氷とも書く。屋根に積もった雪がとけてしたたり落ちるとき,氷点下の気温のために軒下にできる氷の柱のこと。とけた水の量と気温によって,長さ数cm以下の小さなものから,地面にとどく大きなものまである。屋根の上でとけた雪は軒先からしずくとなって落ちるが,気温が低いと落ちる瞬間に凍ってしまう。次にやってきたしずくも同じ過程を繰り返し,しだいに太く,長いつららになる。とける量が多いと石筍のように下からも氷が盛り上がってきて,屋根から地面までつながることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こおり‐ばしら こほり‥【氷柱】

〘名〙 夏期など、冷気を得るために立てて置く柱状の氷。ひょうちゅう。《季・夏》
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉自序伝「朝起きてみたら鯱(しゃちょ)こばって人間入りの氷柱(コホリバシラ)ができてゐた、なんてえのは嫌だぜ」

ひょう‐ちゅう【氷柱】

〘名〙 つららのこと。たるひ。また、夏、部屋の冷房に用いるこおりばしらもいう。氷筯(ひょうちょ)
※俳諧・番匠童(1689)一一月「つらら 氷柱 銀竹 垂氷」 〔劉叉‐冰柱詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報