コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つり秤 つりばかりsuspended scale

世界大百科事典 第2版の解説

つりばかり【つり秤 suspended scale】

手でぶら下げるか,建物やクレーンなどのフックにつり下げて使用するはかりの総称。秤量の小さいものにはコイルばねの上部を支え下部のフックに品物をつるし,ばねの弾力とつり合わせるばね式,大きなものには複数のてこを直列に連結し,送りおもりや増しおもりでつり合わせるてこ式,弾性体に抵抗線ひずみゲージを取り付け弾性体の上部を支え下部のフックに物体をつるすロードセル式や圧力式が用いられる。ロードセル式は遠隔測定,自動測定に適し,取扱いの容易さから秤量の大きなものにこの形式が多く使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android