コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つり秤 つりばかり suspended scale

1件 の用語解説(つり秤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つりばかり【つり秤 suspended scale】

手でぶら下げるか,建物やクレーンなどのフックにつり下げて使用するはかりの総称。秤量の小さいものにはコイルばねの上部を支え下部のフックに品物をつるし,ばねの弾力とつり合わせるばね式,大きなものには複数のてこを直列に連結し,送りおもりや増しおもりでつり合わせるてこ式,弾性体に抵抗線ひずみゲージを取り付け弾性体の上部を支え下部のフックに物体をつるすロードセル式や圧力式が用いられる。ロードセル式は遠隔測定,自動測定に適し,取扱いの容易さから秤量の大きなものにこの形式が多く使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

つり秤の関連キーワードクレーン天井クレーンクレーンゲーム懸垂ぶら下げる切下げる釣下げるハンギングフックラフテレーンクレーンノークレーム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone