コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てまし テマシ

デジタル大辞泉の解説

て◦まし

[連語]《完了の助動詞「つ」の未然形+推量の助動詞「まし」》
事実に反することを、不満や後悔の思いで想像する意を表す。…すればよかっただろうのに。
「昼ならましかば、覗(のぞ)きて見たてまつり―◦まし」〈・帚木〉
上に疑問表現を伴って、ためらい迷う気持ちを表す。…してしまおうかしら。
「いと渡らまほしげにおぼいためるを、さもや渡しきこえ―◦ましなど思へど」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てまし

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の未然形「て」に推量の助動詞「まし」の付いたもの〕
現実にはしなかったことを、やや後悔の気持ちを込めて想像する意を表す。…だったらよかったのに。…しておくのだった。 「我が持てる三つあひに搓れる糸もちて付け-・ましもの今そ悔やしき/万葉集 516
(「や」「いかに」など、疑問の語を伴って)ためらいの気持ちを表す。…したらよかろうか。…してしまおうか。 「忍びてや迎へ奉り-・まし/源氏 明石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てましの関連キーワードリンカーンの「ゲティスバーグの演説」減塩調味料(塩分調整食品)の塩分量妊娠とわかったら財産利用方法書鈴木 ヒロミツ干しシイタケ三木 のり平鳥居与七郎妻御出でなさいヨーグルト乃木 静子道行き触りキノコ中毒若栗栖原在在所所醍醐天皇何処何処用立てる思ひ果つ大村能章

てましの関連情報