コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早来 はやきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早来
はやきた

北海道南西部,安平町中・南部の旧町域。勇払平野の北東部を占める。 1957年町制施行。 2006年追分町と合体して安平町となった。地名はアイヌ語のハイキト (アサやカヤの茂る沼) に由来。 1895年北の安平に鳥取県民が入植。米作,畑作,畜産が主産業。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早来
はやきた

北海道南西部、胆振(いぶり)支庁(現、胆振総合振興局)管内にあった旧町名(早来町(ちょう))。現在は勇払(ゆうふつ)郡安平(あびら)町の南部を占める地域。旧早来町は1957年(昭和32)町制施行。2006年(平成18)、勇払郡追分(おいわけ)町と合併して安平町となる。町名の由来はアイヌ語サクルペシペ(夏に越えていく沢道の意)のサクルに早来の字を当てたとする説が有力。苫小牧(とまこまい)市の北東に接し、JR室蘭(むろらん)本線、国道234号が通じる。夕張(ゆうばり)山地と馬追(うまおい)丘陵に挟まれた低地にあり、安平川とその支流の河谷では米作、酪農、ジャガイモなどの畑作が行われるが、樽前(たるまえ)火山系、恵庭(えにわ)火山系の火山灰に覆われて土地条件はかならずしも恵まれない。1889年(明治22)鉄道が敷設され、1895年には鳥取県からの団体移住があった。現在、酪農が主産業でチーズを特産する。西部の富岡地区には種苗管理センター胆振農場(旧、胆振馬鈴薯(ばれいしょ)原種農場)、南部の遠浅(とあさ)地区には競走馬の育成農場「社台スタリオンステーション」がある。[奈良部理]
『『早来町史』(1973・早来町) ▽『早来町史年表』(1993・早来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早来の関連情報