コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早来 はやきた

2件 の用語解説(早来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早来
はやきた

北海道南西部,安平町中・南部の旧町域。勇払平野の北東部を占める。 1957年町制施行。 2006年追分町と合体して安平町となった。地名はアイヌ語のハイキト (アサやカヤの茂る沼) に由来。 1895年北の安平に鳥取県民が入植。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早来
はやきた

北海道南西部、胆振(いぶり)支庁(現、胆振総合振興局)管内にあった旧町名(早来町(ちょう))。現在は勇払(ゆうふつ)郡安平(あびら)町の南部を占める地域。旧早来町は1957年(昭和32)町制施行。2006年(平成18)、勇払郡追分(おいわけ)町と合併して安平町となる。町名の由来はアイヌ語サクルペシペ(夏に越えていく沢道の意)のサクルに早来の字を当てたとする説が有力。苫小牧(とまこまい)市の北東に接し、JR室蘭(むろらん)本線、国道234号が通じる。夕張(ゆうばり)山地と馬追(うまおい)丘陵に挟まれた低地にあり、安平川とその支流の河谷では米作、酪農、ジャガイモなどの畑作が行われるが、樽前(たるまえ)火山系、恵庭(えにわ)火山系の火山灰に覆われて土地条件はかならずしも恵まれない。1889年(明治22)鉄道が敷設され、1895年には鳥取県からの団体移住があった。現在、酪農が主産業でチーズを特産する。西部の富岡地区には種苗管理センター胆振農場(旧、胆振馬鈴薯(ばれいしょ)原種農場)、南部の遠浅(とあさ)地区には競走馬の育成農場「社台スタリオンステーション」がある。[奈良部理]
『『早来町史』(1973・早来町) ▽『早来町史年表』(1993・早来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早来の関連キーワード北海道勇払郡安平町安平北海道勇払郡安平町北海道勇払郡安平町追分青葉北海道勇払郡安平町追分旭北海道勇払郡安平町追分春日北海道勇払郡安平町追分弥生北海道勇払郡安平町遠浅北海道勇払郡安平町早来源武北海道勇払郡安平町早来瑞穂北海道勇払郡安平町東早来

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早来の関連情報