コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でえす デエス

デジタル大辞泉の解説

でえす[助動]

[助動][○|○|でえす|○|○|○]体言、副詞、活用語の終止形・連体形に付く。丁寧、もしくは、格式ばった気分を表す。…です。
「訳立てはどうでえすな」〈伎・韓人漢文〉
[補説]近世、「です」形と並んで多く男伊達(おとこだて)・遊女の間で使われた。「です」または「でございます」「であります」の音変化という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でえす

( 助動 )
〔活用形は「でえす」の形のみ。近世上方語〕
文末の体言や活用語の終止形に付いて、丁寧ではあるがやや尊大な気持ちを表す。…であります。…です。 「そんな事はとんと覚えないでえす/咄本・臍の宿替」 「拙者を爰へ引ひこ擦り出いてなんでえす/浄瑠璃・釜淵双級巴」 「何やら話したい事があると人をこしたは其事でえすか/浄瑠璃・双蝶蝶」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

でえすの関連情報