コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城浅間嶽 ケイセイアサマガタケ

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいあさまがたけ【傾城浅間嶽】

歌舞伎狂言。お家物。3幕。作者不詳。1698年(元禄11)正月,京の早雲座(山下半左衛門座)初演。小笹巴之丞を中村七三郎,傾城奥州を岩井左源太,家老和田右衛門を山下半左衛門,傾城三浦を芳沢あやめほか。京東山における浅間明神の開帳を当て込んだ作品。1幕目,禿(かむろ)が持っていた奥州の起請を火にくべると,煙の中から奥州の姿が現れ口説(くぜつ)を述べる場面が,のちに影響作として書き替えられた〈浅間物〉の特徴となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の傾城浅間嶽の言及

【浅間物】より

…名曲として名高い。(5)《傾城浅間嶽》。一中節。…

【開帳】より

…開帳は,江戸時代には諸芸能の興行の場であり,庶民の娯楽の場でもあった。宗祖の事跡や縁起を説くことの多い古浄瑠璃はもちろん,享楽的な元禄歌舞伎においても,《仏母摩耶山開帳(ぶつもまやさんかいちよう)》など題名に明示したものもあり,著名な《傾城浅間嶽(けいせいあさまがたけ)》も浅間嶽普賢菩薩の京都出開帳を当て込んでいる。開帳の触れ,開帳仏の奇瑞,開帳の法会は,それぞれ雄弁術,からくり,舞踊といった見せ場をつくり,戯曲構成にも絡んでいる。…

【中村七三郎】より

…荒事の雄である初世市川団十郎とは両極の芸域を有して相並ぶ名優である。98年(元禄11)上京して演じた《傾城浅間嶽》の巴之丞では,傾城事のうまさで,元祖坂田藤十郎を驚かせたという。また江戸の曾我狂言にあって十郎役を和事の風でした最初が七三郎であり,団十郎の五郎,伝九郎の朝比奈とともに後世の典範を作ったといわれる。…

※「傾城浅間嶽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傾城浅間嶽の関連キーワード都太夫一中(5世)藤十郎の恋鳥羽屋里長元禄歌舞伎浅間嶽

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android