コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でろれん祭文 デロレンザイモン

デジタル大辞泉の解説

でろれん‐ざいもん【でろれん祭文】

大道芸および門付け芸の一。法螺貝(ほらがい)を吹き、短い錫杖(しゃくじょう)を鳴らしながら祭文を語るもの。「でろれんでろれん」と合の手を入れたところからいう。明治以降、寄席(よせ)芸となり、浪花節へと発展した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でろれんさいもん【でろれん祭文】

門付かどづけの一。ほら貝を吹き、短い錫杖しやくじようを鳴らしながら説教祭文を語るもの。合の手に「でろれん、でろれん」と錫杖の音を入れるのでいう。明治中期頃まで行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

でろれん祭文の関連キーワード浪花節の芸風と用語祭文語り歌祭文大道芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android