コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でろれん祭文 デロレンザイモン

デジタル大辞泉の解説

でろれん‐ざいもん【でろれん祭文】

大道芸および門付け芸の一。法螺貝(ほらがい)を吹き、短い錫杖(しゃくじょう)を鳴らしながら祭文を語るもの。「でろれんでろれん」と合の手を入れたところからいう。明治以降、寄席(よせ)芸となり、浪花節へと発展した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でろれんさいもん【でろれん祭文】

門付かどづけの一。ほら貝を吹き、短い錫杖しやくじようを鳴らしながら説教祭文を語るもの。合の手に「でろれん、でろれん」と錫杖の音を入れるのでいう。明治中期頃まで行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone