コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どら 銅羅 [gong英、tam-tam共通語] ドラ

音楽用語ダスの解説

どら 銅羅 [gong英、tam-tam共通語]

東洋、そして中国王様、とくれば、つきもののこの楽器。映画の1シーンなど、王様の登場の前には厳かに、グワーーーンと鳴り響く。いやが上にもエキゾティックな雰囲気を作り上げてくれている。タム・タムゴング等と呼ばれる金属性打楽器で実際に、中国やインドで使われていたものがそのまま楽器として用いられた。フライパン取っ手を取った様な形で、フライパン位のちいさいものから大人の背丈ほどの物まで各種ある。大きなものほど低く恐ろしい恐怖心を煽るような音を発する。その音は打った瞬間よりその直後に最大の音量を出すのでそのタイミングを合わすためには慣れが必要である。用途は広くオーケストラから吹奏楽、ロック、ヘビメタまで幅広く使われている。そして、かつて中国では戦時中警戒を知らせるためにこのドラが鳴らされたという。そしてこのドラの事を丁寧と呼んでいた。警戒を知らせのが目的なので当然1回だけと言うことはなく、何度も何度もならされた。そしてこのことから物事を、何度も何度も念入りに繰り返すことを「丁寧」と言うようになったという。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

どら 銅羅 [gong英、tam-tam共通語]の関連キーワードじゃらんぽん禅の勤め魚住為楽下座音楽鍛金

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どら 銅羅 [gong英、tam-tam共通語]の関連情報