コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なぎなた なぎなた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なぎなた

薙刀。長刀とも書く。幅広の曲刀に長柄をつけた斬撃用の武器。またそれを使う武道の一種。刀の身幅が広く先のほうでそっており,刀身は 60cm内外で鎬地 (しのきじ) の先の側肉を落した冠落 (かんむりおとし) 造りを普通とする。始りは明らかでないが平安時代末期頃から出現し,『奥州後三年記』にその名がみえ,また『平安物語絵巻』や『蒙古襲来絵巻』などにしばしば描かれている。南北朝時代から室町時代にかけては身長が大となり,『太平記』には「三尺五寸の小長刀,四尺余の大長刀」とある。室町時代末期の槍の発達によりその使用は衰え,江戸時代にはもっぱら婦人の武具となった。明治に入ると一時衰えたが,1895年の大日本武徳会の創設とともに復活,1936年から女子の学校体育の一環として取入れられた。第2次世界大戦後は禁止されたが,まもなく復活,54年には全日本薙刀 (なぎなた) 連盟が結成され,新たにスポーツとして発展した。競技では,防具を着けて相対した競技者が 12m四方の試合場で木製のなぎなたを使って相手を打ち,突き,払いなどして,その有効打突数を競う。3名の審判員のうち2名以上が有効打突と認めたとき「一本」となり,2本先取した側が勝ちとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

なぎなた

刃部は竹製、柄部はカシ製で長さ210~225センチ。刃だけでなく柄も攻撃と防御に使う(高校生以下は柄を攻撃に使えない)。防具(面、胴、小手、すね当て)を着用し、「振り上げ」「持ち替え」「振り返し」など、なぎなたを操りながら各部位(面、小手、胴、すねなど)を狙って打ったり突いたりする。競技は個人と団体の2種類。3本勝負の2本先取で勝ち。時間切れの場合は1本先取で勝ち。団体戦は勝者数で決まり、同数だと総本数の多い方が勝ち。

(2008-08-20 朝日新聞 朝刊 石川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

なぎなたの関連情報