コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本武徳会 だいにほんぶとくかい

6件 の用語解説(大日本武徳会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本武徳会
だいにほんぶとくかい

武道の振興団体。 1895年4月桓武天皇平安遷都 1100年を記念し,「武道を奨励し,武徳を涵養し,国民の士気を振作する」ことを目的として京都に創設された。武徳祭演武大会の開催,武徳殿の造営,武道教員養成機関の設立などを通じて,武道の普及,奨励,指導にあたるかたわら,古武術および古武器の保存,文献資料の収集,図書編纂,機関誌『武徳』の発行,称号制度の確立,剣道,柔道の形の統一などを行い,武道の総本山となったが,第2次世界大戦中は総理大臣を会長とする陸軍,海軍,内務,厚生,文部の5省所管の政府外郭機関となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいにほん‐ぶとくかい〔‐ブトククワイ〕【大日本武徳会】

明治28年(1895)平安奠都(てんと)1100年を記念し、古武道の保存奨励を目的に結成された全国的武術団体。第二次大戦後解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大日本武徳会【だいにほんぶとくかい】

武道団体。1894年に平安神宮が建設されると,桓武天皇の武道奨励にちなんで翌年武徳会を設立。全国に支部を設け,毎年5月には武道会を行うなど武道振興に努めた。1942年には政府の外郭団体に改組され,大日本武徳会と改称,会長は文部大臣が就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんぶとくかい【大日本武徳会】

日本古来の武道を奨励し,武徳を涵養することを目的として,1895年に創設された団体。この年は桓武天皇の平安奠都(てんと)1100年にあたり,記念大祭を機に民間有志によって設立された。初代役員は,総裁小松宮彰仁(あきひと)親王,会長渡辺千秋(京都府知事),副会長壬生基脩(平安神宮宮司)。武徳会は,平安神宮境内に武徳殿を建てること,毎年武徳祭を催すこと,武道の保存・奨励・普及をはかること,武器・用具・史料などを収集すること,会誌の発行などをおもな事業とし,さらに各府県に支部を置いて,府県知事を支部長とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいにほんぶとくかい【大日本武徳会】

武道団体。1895年(明治28)設立された武道会を1942年(昭和17)改組したもの。武道の奨励を目的とした。戦後解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本武徳会
だいにほんぶとくかい

1895年(明治28)4月17日、桓武(かんむ)天皇奠都(てんと)1100年記念事業の一環として、日本固有の武術を保存奨励し、武徳の涵養(かんよう)と国民の士気の振作に寄与することを目的に設立された民間団体。本部を京都・平安神宮境内に置き、総裁に小松宮彰仁(こまつのみやあきひと)親王を推戴(すいたい)し、初代会長に京都府知事渡辺千秋、副会長に平安神宮宮司壬生基脩(みぶもとなが)を選んだ。また、支部は全国の各道府県に置き、知事をその支部長に委嘱した。当面の事業としては、同神宮境内に武徳殿(ぶとくでん)を建立することと、毎年京都で武徳祭および大演武会を開催することとであった。
 この武徳祭と大演武会は、当初10月25日から行われたが、1899年に武徳殿が竣工(しゅんこう)したのを機に、延暦(えんりゃく)の故事(こじ)に倣って、新暦に換算した5月4日をもって第1日とすることにした。また、1901年(明治34)には、夏の青年大演武会を開催し、各支部でも順次支部大会を実施することになった。翌02年には、優れた武術家を表彰するための「武術家優遇例」を制定し、範士・教士の称号を授与することとし、ついで05年には、中等学校の武術教員の養成を目ざして、武術教員養成所を設置した。そして1909年6月3日、財団法人とすることを認可され、名実ともに武術を統轄する団体となり、12年には同養成所は専門学校令に基づく武術専門学校へと昇格、19年(大正8)には武道専門学校と改称した。
 こうして本会は、優秀な武道教員の養成、称号・段位制や試合審判法の確立、剣・柔道の形の統一など、武道の普及・発展に大きな役割を果たしてきたが、第二次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)による戦時体制への移行により、1942年(昭和17)3月21日、厚生・文部・陸軍・海軍・内務の五省共管の下に政府の外郭団体に改組された。それとともに、銃剣道、射撃道などを加えた、いわゆる「武道の戦技化」が推進された。
 戦後、純民間団体への改組が図られたが、これに失敗し、1946年(昭和21)10月31日、自主的に解散した。しかし、この解散はGHQの認めるところとならず、11月9日、内務省令による解散を命ぜられ、全財産の没収、さらに翌47年8月2日、公職追放令の基準G項に該当する団体に指定され、関係者の公職追放が行われた。ここに50年に及ぶ武道統轄団体としての歴史は、完全にその幕を閉じることになったのである。[中村民雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大日本武徳会の言及

【居合】より

… 明治初期,武道は一時衰退したが,居合もこの期に多くの流派が消滅し著しく衰微した。しかし,1895年の大日本武徳会設立を機にしだいに盛んになった。昭和に入ってからは〈居合道〉と称するようになり,中山博道(1873‐1958)らの活躍などもあって広く普及していった。…

【剣道】より

…1877年西南戦争以後,警視庁を中心に剣道に対する関心も少しずつ高まった。明治20年代になると学校の課外などでも盛んになり,95年桓武(かんむ)天皇奠都(てんと)1100年を記念して大日本武徳会が創設され,武道教員の養成,道府県支部の結成,武徳殿建設などとともに,剣道の普及につとめた。剣道の近代化に必須の流派の統一も,武徳会によってはかられ,1912年〈大日本帝国剣道形〉が制定されて,剣道は全国的に組織化された。…

※「大日本武徳会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大日本武徳会の関連キーワード柏原天皇崇道天皇平氏日本武道館平安神宮石狩神武天皇祭天応百済教法神王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大日本武徳会の関連情報