なにわ竹工芸品(読み)なにわたけこうげいひん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

なにわ竹工芸品[竹工]
なにわたけこうげいひん

近畿地方、大阪府の地域ブランド。
富田林市・大阪市・堺市・河内長野市などで製作されている。古くから付近に産出する良質の真竹を用い、農作業用の籠がつくられていた。茶道・華道が盛んとなるにともなって、花籠炭籠などもつくられ始めた。江戸時代には産地として確立。現在でも花籠や料理の盛籠をはじめとしてさまざまな製品がつくられている。薄染め仕上げが特徴。大阪府伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android