コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ならし ナラシ

2件 の用語解説(ならしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

な◦らし

[連語]《断定の助動詞「なり」の連体形「なる」に推量の助動詞「らし」の付いた「なるらし」の音変化》
…であるらしい。
「すむ人もあるかなきかの宿―◦らしあしまの月のもるにまかせて」〈新古今・雑上〉
…である。…だなあ。
「難波のくれは鳥織留むる物―◦らし」〈浮・織留・序〉
[補説]一説に、「なり」が形容詞ふうに活用したものともいう。2の用法は鎌倉時代以後の用法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ならし

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」に推量の助動詞「らし」の付いた「なるらし」の転〕
推量の意を込めた断定を表す。…であるらしい。 「新あらたしき年の始めに豊の稔とししるすと-・らし雪の降れるは/万葉集 3925」 「是に稲つみたるをやいな船といふ-・らし/奥の細道」
推量の意味が薄くなって、断定をやわらげた表現として用いる。近世文語に用いられる。 「例の口に任せたるにもあらず、窃ひそかにより所ありつる事-・らし/炭俵」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ならしの関連キーワード有るまじきあんなりざなりたんなりななりなのだなのでなのですなのに有るべき

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ならしの関連情報