コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ならし ナラシ

デジタル大辞泉の解説

な◦らし

[連語]《断定の助動詞「なり」の連体形「なる」に推量の助動詞「らし」の付いた「なるらし」の音変化》
…であるらしい。
「すむ人もあるかなきかの宿―◦らしあしまの月のもるにまかせて」〈新古今・雑上〉
…である。…だなあ。
「難波のくれは鳥織留むる物―◦らし」〈浮・織留・序〉
[補説]一説に、「なり」が形容詞ふうに活用したものともいう。2用法は鎌倉時代以後の用法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならし

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」に推量の助動詞「らし」の付いた「なるらし」の転〕
推量の意を込めた断定を表す。…であるらしい。 「新あらたしき年の始めに豊の稔とししるすと-・らし雪の降れるは/万葉集 3925」 「是に稲つみたるをやいな船といふ-・らし/奥の細道」
推量の意味が薄くなって、断定をやわらげた表現として用いる。近世文語に用いられる。 「例の口に任せたるにもあらず、窃ひそかにより所ありつる事-・らし/炭俵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ならしの関連キーワード牡蠣醤油・牡蠣醬油・牡蛎醤油・牡蛎醬油手慣らし・手馴らしシェークダウン代掻き・代搔き土盛り・土盛マッカダム道ヤギ(山羊)茶筅通し鍛造工具えいさあ葉守の神下馴らし桐生朝陽細杷い地拵え助動詞両松葉形容詞連体形言告ぐ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ならしの関連情報