コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なれや ナレヤ

2件 の用語解説(なれやの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なれ‐や

[連語]
《断定の助動詞「なり」の已然形+係助詞「や」》
疑問の意を表す。…なのだろうか。
「我が恋はみ山がくれの草―しげさまされど知る人のなき」〈古今・恋二〉
反語の意を表す。…だろうか、いや…でない。
「思ふとも恋ふとも会はむもの―結うてもたゆく解くる下紐(したひも)」〈古今・恋一〉
《断定の助動詞「なり」の已然形「なれ」+間投助詞「や」》詠嘆の意を表す。…であることよ。…だなあ。
「世の中はくもりはてぬる月―さりともと見し影も待たれず」〈山家集・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なれや

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の已然形「なれ」に係助詞「や」の付いたもの〕 「なればや」「なればにや」の意で、疑問・反語を表す。…だからだろうか…のは。…だから…なのだろうか(いやそうではない)。 「思ふらむその人-ぬばたまの夜ごとに君が夢いめにし見ゆる/万葉集 2569」 「さとはあれて人はふりにし宿-庭もまがきも秋の野良なる/古今 秋上
〔断定の助動詞「なり」の已然形「なれ」に間投助詞「や」の付いたもの〕 疑問・詠嘆を表す。…なのかなあ。…であることよ。 「万世をふるにかひある宿-み雪と見えて花ぞ散りける/新古今 雑上

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なれやの関連キーワード言へらくごさんめれだろうでしょう為せるななりなのだならむなれどなれば

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なれやの関連情報