にけむ(読み)ニケム

デジタル大辞泉の解説

に◦けむ

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の連用形+過去の推量の助動詞「けむ(けん)」》きっと…ただろう。…てしまっただろう。
「いづくには鳴きもし―◦けむほととぎす我家の里に今日のみそ鳴く」〈・一四八八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にけむ

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」に推量の助動詞「けむ」の付いたもの。「にけん」とも〕
過去の事柄、すでに完了した事柄に対する推量の意を表す。…た(の)だろう。…てしまっただろう。 「いづくには鳴きもし-・けむほととぎす我家わぎえの里に今日のみそ鳴く/万葉集 1488」 「行くへも知らぬ大海の原にこそおはしまし-・けめ/源氏 蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐・けむ

(完了の助動詞「ぬ」の連用形に推量の助動詞「けむ(けん)」の付いたもの) 過去に発生、実現した事柄、完了した事柄に対する推量を表わす。…てしまっただろう。きっと…ただろう。
※書紀(720)大化五年三月・歌謡「山川鴛鴦(をし)二つ居て 偶(たぐひ)よく 偶(たぐ)へる妹を 誰か率(ゐ)爾鶏武(ニケム)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android