コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のや のや

大辞林 第三版の解説

のや

( 連語 )
〔格助詞「の」に間投助詞「や」の付いたもの。上代語〕
連体修飾語を表す「の」に、語調を整えるとともに軽い詠嘆の意を表す「や」が添えられたもの。 「石見-高角山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか/万葉集 132

のや

( 連語 )
〔間投助詞の「の」に間投助詞「や」の付いたもの。近世江戸語〕
文節末に用いて、軽い詠嘆の意を込めて、聞き手に言いかける気持ちを言い表す。 「去年のお十夜に徳願寺さまへお通夜をしたら-、私が傍にちやんと落てあつたのさ/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のやの関連キーワード高知県香南市夜須町手結山徳島県吉野川市鴨島町上浦奈良県山辺郡山添村北野奈良県山辺郡山添村伏拝東京都西東京市東伏見愛媛県松山市中島大浦奥武山総合運動公園東京都武蔵村山市岸四百四病の外まがたまの日矢崎嵯峨の屋墨春亭梅麿山陽堂山陽蘆野屋検校連体修飾語菅野谷高政天河屋義平土肥庄次郎野口庄三郎水谷蟠竜斎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のやの関連情報