コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はしり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はしり
はしり / 走り

「はしり物」ともいい、魚菜などのそれぞれの季節より早めに出るものをいう。浅春のワラビを早厥(さわらび)、晩春のころのマツタケを早松(さまつ)といい、これらの時期はずれに早くとれるものは珍しくはあるが、味は概していまひとつというものが多い。それに、いまは施設園芸で大半の野菜類は季節に関係なく一年中生産されているので、季節感が薄くなっている。回遊魚は、たとえば相模灘(さがみなだ)のカツオは新緑のころ、房総沖のサンマは晩秋のころのものとされていた。正月の九州のカツオ、7月の北海道沖のサンマは各地に輸送されると、それをその地方では「はしり物」としている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

はしりの関連キーワード大阪府豊能郡豊能町木代走りこぐら・走りこくらエミリ・C. ネビル卯の花くた(腐)しほっとゆだ[駅]走り抜けるとんやれ節増賀・僧賀多田鉄之助防振材料コウイカ然もあれ制振材料走馬の儀和田業繁新ジャガルキーン走り使い山路正国使い走り

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はしりの関連情報