相模灘(読み)さがみなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊豆半島と房総半島との間の海域伊豆半島南端から大島を経て房総半島南端にいたる線で太平洋と分けられ,北は相模湾浦賀水道に続く。伊豆半島と大島との間は水深約 500mで,数個の岩礁がほぼ南北に連なる。大島北東沖から酒匂 (さかわ) 川河口に向って北西方向に延びる海谷があり,水深は大島沖で 2000m,真鶴岬沖で 1000m以上に達する。黒潮分流が回流し,伊豆半島側ではブリ定置網漁が行われる。房総半島先端から大島周辺にかけて,好漁場が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

神奈川の日本酒。酒名は、昔、の前を流れる相模川からで酒を運んだことに由来。純米大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒、本醸造酒がある。原料米は山田錦雄町美山錦など。仕込み水は丹沢山系の伏流水蔵元の「久保田酒造」は弘化元年(1844)創業。蔵に隣接する久保田本家の建築百選に登録。所在地は相模原市緑区根小屋。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

関東地方の南方海上,房総半島の南西岸と伊豆半島の東岸とにはさまれた海域。北は伊豆半島頸部(けいぶ)の真鶴(まなづる)と三浦半島南端部の城ヶ島とを結ぶ線で北部の相模湾と画され,南は大島周辺の海域までを含み,太平洋に連続する。大島と伊豆半島の間は水深約500mの平たんな海底であるが,大島の北東沖では北部で約1500m,東部で約2000mの水深となる。この深海は日本海溝から分かれて,相模湾内の酒匂(さかわ)川河口に向かって北西方向に延びる相模トラフ(舟状海盆)を形成し,本州島を地質的に南北に2分するフォッサマグナ(糸魚川‐静岡構造線)の南東端に通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静岡県、伊豆半島の南端から大島を経て房総半島南端に至る線と、神奈川県の真鶴岬(まなづるみさき)と三浦半島南端(城ヶ島(じょうがしま))とを結ぶ線との間の海域をいう。大島の東部から酒匂(さかわ)川河口に向かって水深1500~2000メートルの海渠(かいきょ)がみられるが、この海底地形は、伊豆諸島東部の日本海溝に続くものである。大きくみると、これは本州の中央部を南東に縦断するフォッサマグナに関連する相模トラフにあたり、関東大地震の海底の変位も、この構造地帯の相模トラフの活動によるものとされている。黒潮の分流は伊豆半島と大島の間から流入し、野島崎沖から太平洋に流出する。伊豆半島東岸ではブリの定置網漁業が行われ、北陸その他からの出漁者も少なくない。房州(千葉県)の南西沖と大島近海には沖合漁業の好漁場が多く、三浦半島からも出漁している。京浜、伊豆(熱海(あたみ)、伊東)から大島への定期船が通うほか、国内間、国際間の貨物船の運航が多い。

[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

相模湾の南側、伊豆半島と房総半島の間の海域。城ケ島と真鶴(まなづる)岬を結ぶ線で相模湾と分けられる。広く相模湾を含めていう場合もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相模灘の関連情報