回遊魚(読み)かいゆうぎょ

ダイビング用語集「回遊魚」の解説

回遊魚

広大な海域を泳ぎ回って暮らしているのこと。種類によって行動半径回遊パターンにある一定法則がある。代表的な魚としてはカツオマグロアジなどで、大きな群れを作ったり、大型なものが多いことからダイバーの間で評価が高い。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

栄養・生化学辞典「回遊魚」の解説

回遊魚

 回遊性魚類ともいう.生涯に移動を行う魚の総称.イワシ,サバ,サンマ,カツオ,アジ,サケなど,多くの産業上の重要な魚も含まれる.海水内,淡水内,および両方をまたがって移動するものがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の回遊魚の言及

【魚類】より

…【上野 輝弥】
【形態】
 魚類の体はえらぶたの後端と肛門位を境にして,頭部,体幹部,尾部の3部に分けられる。基本的な体型は,水中での運動に適した紡錘形で,マグロ,カツオなど外洋性回遊魚の形はその典型的な例である。遊泳力の劣る沿岸域,淡水域の魚や底生性の魚には側扁形(マダイ,チョウチョウウオ,ヒラメ),縦扁形(アカエイ,アンコウ),延長形(ヤツメウナギ,ウナギ,アカヤガラ)などの体型をもつものが多い。…

※「回遊魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android